【気まぐれ日誌】 冬景色-③ 霜の衣 -東京都青梅市- 更新日:2023.2.1

先月の半ばの朝、青梅市内で撮影した霜です。
前夜は雨で、濡れた葉が、霜のように、一面に凍っていました。
この状態をいろいろ調べてみたら、「霜の衣」と言うようです。

「しものころも」を「広辞苑-電子版」検索したら、次のように出ていました。
① 霜の白くおいたのを、着物に見立てていう語。
 金槐集「春待ちて霞の袖に重ねよと霜の衣をおきてこそ行け」
なお、「霜の結晶の分類」を調べたら、「針状の霜」のようです。

その近くの地面では、霜柱が現れていました。
その日の青梅の気象データ(気象庁)を調べたら、夜中の1時から朝の8時まで氷点下。最低気温が氷点下2.6度でした。
気象データは地上150㎝の高さで計測。
地面や地表面は、もっと冷えたことでしょう。


ハイキング・ガイド 津波克明のPage
   ----------------
季節の足音    1/25
季節の一画    2/1
山の花
       
那須岳・高原山  2022/8/11
折々の富士山   
日本百名山     
日本200名山   
日本300名山   
山歩会・同窓会  1/1
滝の探勝             
一本桜
朝日・夕日   
何でも日本一  2022/9/20    
野鳥       
三県境      2022/10/19
何、これ?    2/6
酒蔵の哲学   
私の酒の肴    2/1
担当する趣味講座 
私の本など
ダイヤモンドダスト
リンク   

開設 2020/9/1
更新 2023/2/6
アクセスカウンター

Diamond Dustの記事、画像の著作権は津波克明にあります。無断使用は禁止します。