何っ、これ?のトップへ

何っ、これ? その3   更新日:2020.11.20

【紅葉狩りに出かけたら?】 2020.11.20

△ 埼玉県毛呂山町にある鎌北湖。紅葉を期待して出かけたら、水抜き!! さては、テレビの 「池の水を全部抜く・・」 かと思いきや、ダム堤の耐震工事のためでした。
 右は、かつての満水時の鎌北湖。紅葉が綺麗な湖です。
--------------------------------------------------------------------
【大がかりなイノシシ駆除の仕掛け】 2020.10.15

△ 栃木県大田原市。花瓶山の登山口に、大きなイノシシの仕掛けがありました。ということは、イノシシが多い?

△ 登山口から花瓶山を目指して林道を行くと、林道脇の随所でイノシシが荒らしていた跡が。出遭ったらタイヘン・・。
   ------------------------------------------
*イノシシについて。引用・参考:ウィキペディア
イノシシは山林に生えている植物の根や地下茎(芋)、ドングリ、タケノコ、キノコ、昆虫類、ミミズ、サワガニ、ヘビなどを食する。
また簡単に手に入れられる農作物を求めて人家近辺にも出没する。

ダニ等の外部寄生虫を落としたり体温を調節したりするために、泥浴・水浴後には体を木に擦りつける行動も度々観察される。
特にイノシシが泥浴を行う場所は、「沼田場(ヌタバ)」と呼ばれ、イノシシが横になり転がりながら全身に泥を塗る様子から、
苦しみあがくという意味のぬたうちまわる(のたうちまわる)という言葉が生まれた。
------------------------------------------------------------
【亀さん、何してる?】 2020.10.7

△ 埼玉県所沢市。狭山丘陵ハイキングの途中、畑中の道端で出会った亀さんです。ツゲの木のようです。
-----------------------------------------------------------
【レンジの再利用】 2020.10.1

△ 栃木県の高原山の登山口です。信仰の山なので鳥居があります。ところが鳥居と鳥居の間に、意外にもレンジが・・?

△ レンジを利用した「登山記録簿」入れでした。ところが名称がおかしい。正確には「登山計画書」入れです。
  鶏頂山へ向かって登っていくと、こんな物 (右画) がありました。
  20年ぐらい前まで、ここにメイプルヒルスキーリゾートがあって、これは、当時のスノーガン (人工降雪機) の残骸です。
--------------------------------------------------
【愉快な指圧と、珍しい鬼瓦】 2020.9.24
 
△ 福島県白河市から国道289号で下郷町へ向かう途中の西郷町に、このような看板があります。愉快ですねぇ。
  右は、今どき珍しい鬼瓦。埼玉県小川町の長福寺で。
【トカドヘチマ】

△ 東京都東村山市。家近くの農協の売店で、珍しいトカドヘチマ (十角糸瓜) があったので、買いました、名前通り、10の角 (稜) があります。
  外皮は固いが、野菜用ピラーで削ると、中身はヘチマ同様の柔らかさ。それ輪切りにして、炒めて食べました。
  ヘチマを食べる習慣のない方には、最初は抵抗があるかもしれないが、癖のない野菜で、ツナ缶などと合います。